鬱々しい気分になる救いのない韓国映画5選

こんにちは〜

 

最近、韓国映画を観てひたすら落ち込むというドMな趣味を持ちました。明るくてハッピーな映画もあるんでしょうけど、圧倒的にジメジメして残酷で誰も救われない物語が多すぎる韓国産映画。

f:id:i942:20200901192403j:image

そんな後味悪い映画を紹介します。

 

まず、

붉은 가족(邦題:レッドファミリー)

www.youtube.com

北朝鮮工作員の話の設定の時点で、ハッピーエンドが望めないのがわかる。コメディー要素もありますが、基本的には終始キツイです。赤ちゃん殺すところとかはっきりした描写はなかったけどキツかった。最後に少しだけ光が見えたような展開で終わりを迎えましたが...うーん...

 

방황하는 칼날(邦題:さまよう刃

www.youtube.com

頭使う系の重厚サスペンスかと思って見たら、ただの地獄映画でした。わたし子供が関わると本当にメンタルが...。自分の娘が殺されるところがスタートの復讐物語なので、最初から暗い雰囲気で一筋の光もない。でも私が殺された娘なら「ありがとう」とは言わないけど「パパもうやめて!」とも言わないだろうな...

 

나를 잊지 말아요(邦題:私を忘れないで)

www.youtube.com

ちょっと泣ける恋愛映画ぐらいの気分で観ると、精神血祭り状態になるので心して見たほうがいいです。私は何の前情報もなしに手をつけてしまった為に、思ってた展開と違う方向に行って、終盤でゲロ吐きそうになった。記憶は覚えてる方が圧倒的に辛い...無知は幸せ...(遠い目)

 

가시(邦題:愛の棘)

www.youtube.com

この中なら比較的ライトな映画。女子高生に好意を寄せられて理性に負け、キスしたせいで起きる悪夢ですよ。特に、男性は最悪な気分になりそう。クリミナルマインドで言ってましたけど、愛情の伝え方は6歳までに形成されるそうです。そういうの知ると、こういうヤンデレみたいな子優しく抱きしめてあげたいね(痛い目見ないと分からないタイプ)

 

以上です。

週末かなんかに観てドン暗くなってください